HOME 最新記事 ブロとも申請フォーム カテゴリ

釣り と おじさん と ロック

~  《  釣りとロックが好きな、オヤジのブログ  》  ~

ランディングネット着々と進んでおります。

ランディングネットの、作成及びリペアを着々と進行させている管理人。

リペアの方は、あと1~2回ほどニスを塗って完了予定。


同時進行にて、“大物ネット”も作成しておりますが、現在サンディングシーラーを使って
の、下地処理をしております。


_MG_2303_convert_20111129225148.jpg


シーラーは、“ワシン”さんの2液型のサンディングシーラーを使っています。

上塗り用の、ウレタンニスを塗り重ねて仕上げてもよいのですが、グリップ材に“花梨バー
ル”や“樺バール”等の瘤(こぶ)材を使用している時などは、溝などの凸凹を埋めて仕上
げるのに、乾燥も早く厚塗り出来るこのサンディングシーラーがあると、非常に作業が楽で
早く下地処理が出来ます。

管理人、このシーラーを塗るときはたいして仕上がりも気にせず、“ベタベタ”という感じ
で塗っていきます。

液だれ跡が出来ても、後でサンディングするので、極力厚い仕上がりになる感じで塗ってい
きます。

乾燥後、水研ぎのサンディングペーパー(管理人は、#400使ってます。)にて表面を、
サンディングしていきます。

使用している材によりますが、管理人は2~5回ほどこの作業を行います。

“2~5回ほど”と回数に幅がありますが、材の凹凸の溝が埋まり、下の写真のように、表
面が平滑になるまで(表面が綺麗なマット状になります)行うので、使用する材によって回
数が変わってくるためで、5回以上になる場合もあります。


_MG_2292_convert_20111129225215.jpg


今回は、3回塗りで仕上がりそうです。
(写真は、2回塗りサンディング後の写真で、あと1回塗る予定です。)


来シーズンまでに使えるようにと考えておりますが、フレームが完成しても肝心な“ネット”
(網)を編まなければ・・・

網制作をやってくださるショップはあるのですが、特注ですとやはり“万”前後ほどかかる
ようでして、フレーム制作の材料費より高くなります。

今回のこの、“大物ネット”の材料費は・・・



グリップ材が¥1,500、フレーム材が4枚で¥3,600、ほか塗料などが約¥3,6
00、通販送料で¥1,000程度です。

単純に、合計¥9,700なんですが、塗料関係は実質約1/10の使用ですので¥360
ぐらいでしょうか、なので約¥6,000ちょっとぐらいです。

管理人は、材料の大半を“ネット・オークション”で購入したものですので、結構安く上が
っていますが、ショップさんの良い材ですとフレーム材の値段が、1枚で約¥1,600~
2,000程しているみたいです。

普通サイズのフレーム材でしたら材にもよりますが、1枚で約¥500~800程度の値段
で、もっと安価で販売されています。

まぁ、冬場のオフシーズンは“ネット”編みして、この“大物ネット”の網を編もうと思っ
ております。


_MG_2299_convert_20111129225250.jpg



最近は、こんな事している管理人に、「そんな大きいネット使うような魚、釣れんのかよ~」
などと、決してツッコまないでくださいね!


いつか釣れると信じて・・・(サケや、道東のアメマスにはもってこい!です。)



PS:皆様、釣り好きオヤジの自己満足だと思って、優しく見守ってください。(ペコリ

関連記事
スポンサーサイト



    色んなHPやブログが見れるよ!→ 釣りの世界

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

デブツ

北海道 日高東部 在住
性別:男
趣味:Fly Fishingとギター(愛器は Killer Prime)

日本が世界に誇る LOUDNESS と 80'sのロック・メタルをこよなく愛するおじさんです。

ホームグランドは、日高管内の川。

フィールドで見かけたら、気軽に声かけてくださいね。


Blogger by デブツ

◎ link free ◎

釣りの世界